ギター・ベース・エフェクターの品揃えが豊富

2013年02月08日

BOSS マルチエフェクター

BOSSのマルチエフェクターの現行モデルは、ギター用がGTシリーズのGT-100とMEシリーズのME-70とME-25、ベース用がGT-10B、ME-50B、ME-20Bというラインナップです。

GTとMEの違いは価格と操作性にありますが、決定的な違いはパソコンとリンクできるどうか、USB AUDIO/MIDI機能が付いているかついていないかの差です。

その上でGTシリーズはラックエフェクター並みのメモリー操作機能とエフェクトの種類、そしてBOSS独自の「COSM」というアンプモデリング技術の粋が詰まっている製品です。

ギター用・ベース用のマルチエフェクターはBOSS以外でもこのペダル式が主流ですが、MIDI機能がありますのでラックエフェクターのフットペダルとしても使用可能で、全てのエフェクターとマルチエフェクターの全てのセッティングを瞬時に切り替えが可能です。

歪系のラックエフェクターはほとんどないので、マルチエフェクターで歪みやコーラスを中心にした音作りをして、ディレイやリバーブなどはラックを使いマルチエフェクターでコントロールする方法もあります。

私も今でこそCAE(カスタム・オーディオ・エレクトロニクス)のスイッチングシステムを利用していますが、以前はBOSSのマルチエフェクターで切り替えしていました。

いずれにしても余程のこだわりがないのであれば、マルチエフェクター1台あれば十分事足ります。
ポイントは宅録等でPCにリンクさせる可能性の有無と操作性、そしてデザインの好みと価格になります。

おすすめはGTシリーズです。切り替えがアップダウンだけではなくメモリーナンバーで瞬時に呼び出せるフットスイッチレイアウトは便利です。


BOSS GT-100


posted by luke0510 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マルチエフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

マルチエフェクター

 今はマルチエフェクターと言う強力なエフェクターがあり、機種によってはコンパクトエフェクター一台分の価格で、数種類のエフェクターが手に入るようなものです。

便利なものですね。

ただ、私が使ってみて感じたことはコンパクトエフェクターとマルチエフェクターの音は、同じ機種が表記されていても違うんじゃないか、ということです。

コンパクトエフェクターは、抵抗やらコンデンサーやらICのような回路で組まれていますが、マルチの場合は回路が違いシミュレーションされた音が出されています。(間違ってたらごめんなさい)

どちらがいいかはメインの目的から選択するといいと思います。
posted by luke0510 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マルチエフェクター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。